桶谷式母乳育児法とは

 助産師であった桶谷そとみ先生が「お産よりも痛かった」という乳房マッサージから お母さん方を救うべく、試行錯誤研究され 「あっ」と言うお母さんの反応にヒントを得、確立された桶谷式手技と、赤ちゃんが歩くまで母乳を与える育児方法です。